奄美大島の石油流出対策活動を支援したい。

2018年1月14日、奄美大島沖でイランのタンカーが沈没し、史上最悪ともいえる原油流出事件が発生しました。

奄美大島沖で大規模な石油流出事故 海洋生態系への影響は?
https://news.yahoo.co.jp/byline/katsukawatoshio/20180202-00081143/

これらの活動に対して、
Public FundとしてICOを通じて行いたいと考えています。

DAICOのソリューションを使って、
投資家と活動をされている方を具体的に繋げたいと考えております。

現在の案としては、
ソーシャルインパクトボンドを参考に、
奄美大島での活動支援トークンを発行し、
投資家から投資を募ります。

活動支援トークンに対して、
活動を行う団体個人が申請をして、
投資家が分配を3ヶ月ごとに決めます。

プロジェクト成功後には、
活動支援トークンに対して、
タンカー会社からの補償金及び寄付金をトークン保有者に配当金として返金します。

また活動支援トークンは支援者の実績としてブロックチェーンに記載されて、金銭的な報酬以外に奄美大島周辺の企業、漁業組合などで利用、評価されるように各企業に認知を広げます。

絶賛、システムは開発中なのですが、
これらの取り組みに興味ある方、またすでに何かしら具体的に動かれている方を探しております。

こちらのスレッドまたは、
コメントにてご意見いただければ幸いです。
https://discord.gg/YVF97CV

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です